【起業したい・社会課題に関心がある方必見!】YYコンテスト

ニュース

今回で第10回を迎えるYYコンテスト(Yunus&You SOCIAL BUSINESS DESIGN CONTEST)が開催されます!

YYコンテストの概要

YYコンテストとは

本気で社会課題解決に取り組みたい学生・社会人に向けたビジネスコンテストです。

YYコンテストは、グラミン銀行創設者であり、ノーベル平和賞受賞者であるバングラデシュのムハマド・ユヌス博士が提唱するソーシャル・ビジネスを具現化するために開催されます。

過去9回開催し、若者による革新的なソーシャル・ビジネスの創出を目的とし、自立的・持続的に社会的課題を解決するビジネスを創出してきました。

メンター伴走型の丁寧な取り組みと、豪華ゲストによる充実したワークショップが特徴です!

2022年は、全てオンラインで開催

エントリー審査を突破した参加者とメンターによる二人三脚で、約4ヶ月間に渡って、ワークショップとメンタリングを重ねます。

グランドチャンピオン大会では、社会人部門、学生部門の優勝者がファイナリストとして優勝を目指します。

メンター制度でより具体的なビジネスプランへ

ビジネスプランは、YY Contestに賛同する社会人メンター(事業会社幹部、コンサルタント、起業家等)とともに、実現可能な計画にブラッシュアップしていきます。

また、立案したビジネスプランの事業化を本気で目指しているチームに関しては、コンテスト終了後もメンターや主催者、協力企業による継続的なコンサルティングを受けることが出来ます。

一般社団法人ユヌス・ジャパン理事 小林美穂さん にインタビュー

今回は、九州大学ユヌス&椎木ソーシャル・ビジネス研究センター客員研究員、一般社団法人ユヌス・ジャパン理事も務める小林美穂さんからYYコンテストに関するお話をお聞きしました!

他のビジネスコンテストとの違いはなんですか

日本で唯一のユヌス・ソーシャル・ビジネスのノウハウを学ぶことができるコンテストであることです。

グラミン銀行を設立し2006年にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス博士が「社会課題解決の好連鎖とスピードアップ」のため定めた「ユヌス・ソーシャル・ビジネス7原則」について学べると共に、社会性と経済性を両立させるビジネスを構築するためのノウハウをワークショップを通じて著名な講師から無料で学ぶことができます。

エントリー審査通過後約4か月、全12回の講義を無料で受けられるというのも大きな特徴です。

参加者の学生は将来はどんな仕事についていますか

大企業に就職する方から卒業後起業する方、政界に進出する方まで、進路は様々な印象があります。

このコンテストは、実際に社会課題解決ビジネスを実現し、社会的インパクトを創出するチームを輩出することを目的にしていますが、学生さんの場合は卒業後、即起業、という形ではなく、一度企業に就職して様々な経験を積んでから独立、という形でも良いと思っています。

社会課題解決は待ったなしですべきだ、という意見ももちろんありますが、起業はあくまでも手段ですから、自分の周りにある社会課題を認識し、それを解決する仕組みを創りたい!という思いをもって日々出来ることからスタートする、そんな行動に繋げて頂けると嬉しいです。

そういう意味では、Chillaxさんは素晴らしいと思います!

昨年度優勝したチームの提案内容を教えてください

キヤスク というサービスです。
キヤスクは、身体の不自由に合わせて「既製服を着やすくするお直し」を依頼できるオンラインサービスです。

障害や怪我などの理由で着られる服の選択肢が限られてしまっていることを課題と捉え、着られなくなったお気に入りの服をもう一度着たい人や好みでない服を我慢して着ている人が、自由に服を選べる社会を創りたいと起業されました。

前職でアパレルメーカーに勤務されていた当時から、顧客ターゲットとなる多くの方々にお話を聞き、本当に利用者に価値あるサービスに創りこまれていた姿が印象的でした。

コンテストに参加しよう!

疑問や不安を解消してエントリーしよう!「エントリー相談会」のお知らせ

エントリーをしようと思っているので、誰かに相談したい!という方のために、YYコンテスト実行委員が疑問や不安な点を解消し、
安心してご応募いただけるようにサポートする相談会が開催されます。

参加者の方はもちろん、メンター希望の方もご参加ください!

お忙しい方にはアーカイブ配信も

4/24に実施されたYYコンテスト事前説明会のアーカイブ配信が公開中です。

気になる方はHPをご確認ください!

参加者・メンターのエントリーは5/22(日) 18時まで!

▼YYコンテスト公式HP

公式HPはこちら

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP